she diary

現役船乗りがおくる、みんなを笑顔にするブログ

【現代人の本当に求めるもの】これがわかってないと商売はうまくいかない

f:id:mmzejz219:20190410000628p:image

今の時代って心の時代なんですよ。

 現代人たちはお金で物を買っているのではなく

お金で「体験」や「物語」を買っているんです。

 

 

ちょっと昔の話をしましょう

 

 

70年前、戦時中や戦後間もない頃、人々は食べ物を求めて働いたんです。

 

当時は戦争の影響で食べ物が不足していた時代でした。食べ物がなく餓死することなんてのは珍しくない時代だったんですね

 

ですからこの時代に生きていた人は食べ物を求めて仕事をしていたんです。

 

 

働いて働いて子供をたくさん産み、餓死させないように育てて、また働いて、子供も成長して働いて、、、

 

食べることを目標に働いてたんです。

食べるために働いていたんです。

 

食べ物を求めて働いて、子供を産んで育てると子供が増えてその子供たちが大きくなり働くようになると少し食べるのに余裕が出てきますよね。

 

食べることに余裕が出てきた人々は今度はモノが必要になってくるんです

 

すると人々は物を求めて働くようになり

高度経済成長が起こりました。

 

物をどんどん生産して、お金を手に入れることで必要な物を買うことができた時代、それが高度経済成長です。

 

すると今度は物が溢れてきます。

どんなものでもお金で買えてしまう時代になり。物が溢れてきます。

 

すると人々は心が貧しくなるんです。

 

 

 

心が貧しくなると感動したい、感情を動かされたい人々は

お金で体験とか物語を買おうとするわけです。

 

わかりやすく例をあげましょう

車のCMの話ですが、一昔前は「こんな早くてこんなにすごい車です!」

みたいな宣伝が流行っていて、こういう宣伝がよく売れたんですね。

 

車の性能自体を宣伝するとすごい売れたんです。

 

 

では今の車のCMはどうですかね??

 

最近の車のCM、なんか家族で出かけたり

恋人同士でデートしてるCM多く見かけませんか?

 

あれは車を買うことで「こんな体験ができるんですよ」「こんな物語が作れるんですよ」

という宣伝をしているんです。

 

時代によって宣伝文句が違うんです。

 

どの時代にも言えることは共通して

 

その時代になかったものを追い続けているという点ですね。

これが各世代での価値観の違い、ジェネレーションギャップというものです

 

www.dreamkady.com

 

 

ですから今の時代に必要なものはなのです

 

SNSが流行るのも「誰かとつながっていたい」

思いを「共有したい」という現代人のニーズに合っているからだと私は思っています。

 

まとめ

 

どの時代の人々も自分に足りないものを補おうと働きます。

 

 

時代によって足りないものは様々で

戦後間もない頃は食べ物

高度成長期はモノ

現代は体験や物語、です

 

その時代を生きてきた人々が何を求めているのか、それを明確にわかっているだけでも

 

人生が豊かになりそうですよね