she diary

現役船乗りがおくる、みんなを笑顔にするブログ

【簡単】話題を無限に続かせる方法

簡単なことです

これは単に相手の言っていることをおうむ返しして5W1Hの質問をするだけです(いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように、)

f:id:mmzejz219:20190405214811j:image

 

どういうことか説明します。

 

まずコミュニーケーションにおいて1番大切なことは相手に合わせることです。

 

人間は自分と似た人を好きになります。

ですから相手に合わせるということは非常に大切なことになります。

 

具体的には

 

  • 目線
  • 会話の内容
  • 会話のペース
  • (呼吸の速さ)

 

最後の呼吸の速さは少し難しいですが初めの三つは簡単に合わせられますよね!

 

コミュニーケーションが苦手な方はまずこの三つを意識してみましょう!

 

相手がどんなものが好きで

どんなもの興味を持つかリサーチしておかなければ

デートに誘ったとしても誘いに乗ってくれる可能性は低くなります

OKされやすいデートの誘い方は↓に載せておきます

 

www.dreamkady.com

 

 

 

ここを意識出来てから会話の内容です。

コミュニーケーション能力というのははっきり言って

 

聴く力+質問力

 

と考えてください。

 

まずは相手の話を聞きます。この時ちゃんと相手の方を見て「私はあなたの話を聞いていますよ」と伝わるようにわかりやすくあいずちを入れましょう。

このあいずちはとても重要です。

 

そして相手の話した内容を返して5W1Hの質問をしてあげます

例えば

 

 相手「このあいだ行ったラーメン屋さんがさ〜自分の好みだったんだよ〜」

あなた「へ〜自分の好みだったんだ〜どんなラーメンが好きなの〜?」

相手「しょうゆととんこつが好きだな〜太麺の方が好きかなー」

あなた「へ~しょうゆととんこつが好きでふとめんが好きなのか~どうして太麺が好きなの~」

 

このように相手の言ったことを相手の言った言葉で返して、聴いた内容から相手に質問をしてあげます。

 

相手の言ったことを返すことで「私はあなたの話を聞いていますよ」

というメッセージを送ることができ、またその内容から質問することで

「あなたの話を聞いているうえで、興味もありますよ」

というメッセージを意図的に送ることができます。

 

 

このテクニックはメッセージやラインなどでも使うことができます。

 

例えばラインであれば、返信のスピードは相手のスピードに合わせます。

 

自分の返信から、1時間後に返信が来ていたら自分も1時間後に返信します。

 

もし相手と仲良くなりたい。返信を、たくさん欲しいと思ったなら少しずつ返信のスピードをこちらからはやめていくといいでしょう。、

 

メッセージでの会話の内容については先ほどのおうむ返し+5W1Wで問題ありません。

 

メッセージと会話で異なる点はメッセージでは絵文字や顔文字などテキストにバリエーションがあることです。

 

例えば相手が絵文字を使う方であったらそれを観察して自然に自分も使ってみましょう

 

相手の口調も真似します。

 

相手が文章の後にラインスタンプを送ってきたら、文章のあとに自分もラインスタンプを送りましょう。

 

とにかく相手に合わせることです。

「この人、私に似ているのかな?」

 

と思わせることができればあなたはコミュニーケーションの達人です

 

人の悩みのうち9割は対人関係、人間関係だと言われています。

 

コミュニーケーションスキルを上げて生きやすさを求めていきましょう