she diary

現役船乗りがおくる、みんなを笑顔にするブログ

島袋先生のノニ講演会 感想

この間ノニの講演会に行ってきたのでその時のメモを簡単にコピペであげてみます。

 

 

病気は結果であり、体に異常が起きていることを知らせてくれている。要は火災報知器のようなものである。

 


ではどう言うものが病気の原因になるか

それはストレスである

身体的ストレスと精神的ストレス

このストレスが低体温や低酸素の状態を作り酸化状態(電子が減少する状態)や血流の低下(コリなど)を引き起こし細胞の錆につながってくる。(島袋先生はコリを解消することも病気の予防になると考えられていて、鍼灸や整体も効果的、病気は西洋医学だけでは治らないともお話しされてた)

 

 

 

このようにストレスがかかる状態で普通の細胞が生きられなくなった状態に適応した細胞がガン細胞であり、どういうことかというと、がん細胞は人間誰しも毎日作られていて、体の中を巡っている。がん細胞は本来自爆(自殺)する細胞であり、その人が健康なら自然とがん細胞は自爆する、ところがストレスで活性酸素が過剰発生するとがん細胞は自爆できなくなり、やがてガンになっていく。島袋先生は「がん細胞は必要な細胞」としており、「がん細胞は体の中で悪いところがないかパトロールしてくれている」とも話していた。

 


だからガンのステージが1であろうが4であろうが抗がん剤オプジーボでガンを殺すだけではダメ。

ガンになる人はまたガンになってしまう。

ガンの上流、要は原因をクリアにしなければいけない。生活習慣の見直しや、ストレスの軽減などが必須である

 


そもそも病気は本人が治すものであって医者に頼むものではない(医者は病気の人本人のお手伝いをする)

例えば血圧であるとかは数値が下がって安心する患者、医者がいる、でもそれは数値が下がっているだけで、火事にたとえるならまだ火が燃えている状態であり真の治癒ではなく頓服治療でしかない

 

 

 

ではどうしたらいいのか

 


まず病気というのは

低体温、低酸素に起因する酸化状態(活性酸素)が原因であるものがほとんどである

(ガン、糖尿病、リウマチ、高血圧、腰痛、肺炎、不整脈....)

体が酸化する過程で、体が電子不足に陥るので体に電子を供給しなければいけない。

 


だから

1活性酸素が少ない

2血液がサラサラ

 


この状態にしたい

 


ノニの論文には

活性酸素

ノニ    358

未使用 435

 


電子量

ノニ    2560

未使用 1890

 


という結果がありノニには活性酸素を減らし電子量を増やすという証拠がある。

 

 

 

ノニジュースは

無添加の食事、ホールフード

サプリメントの概念を超えている

これをMPFといい

日本語でめっちゃパーフェクトフードという

 


ノニは電子の塊

モリンダのノニは電子の百貨店やー

モリンダのノニは本物だ

ここが大事でモリンダのノニが本物だということ。

 

 

 

 

 

 

IPCに必要な5E

experience体験、経験

教育

emotion感動

期待

付き添い

 


相手の立場(経済的側面、価値観)尊重するし、考える

 


本人が直す、押し付けがましくしない。

勉強したらいい、

 

 

 

本物を感謝して伝える、

本物を感謝して受け取る