she diary

現役船乗りがおくる、みんなを笑顔にするブログ

【常識を疑う】医療大麻、CBD

みなさん大麻についてどんな印象をお持ちですか??

 

芸能人がやってる

薬物、

ダメ絶対

人生崩壊

 

こんなイメージではないでしょうか?(他にもあったら教えてください)

 

 

 

 

僕もこんなイメージでした

昨年の12月までは、、、

 

 

イメージが変わったのは昨年末。

ビジネスでCBDというものを扱うことが決まったんです。

 
僕はCBDなんて知りませんでしたからググってみると、どうやら大麻の成分らしい。

 

おいおいおい、僕は思いました。

大麻の成分なんて絶対やばい、本気でそう思いました。

 

なんでそんなものを扱うんだろう?

と疑問を持って自分なりに本を読んだり大麻とCBDについて勉強してみました。

 

するとカナダでは大麻が完全に合法化されていて、アメリカでも州によっては完全に合法化していること、アメリカ、カナダ以外にも医療目的で大麻を使用していたり、、、

 

大麻が医療に使われている国があるっていうのにも驚きました。どうやら他国では大麻は痛みを和らげるために使われていたり、てんかんの患者さんが使っていたり、精神疾患を持っている人がつかっていたり。ガンの人が使っていたり、、、

それでいて副作用がないからすごく好評なのだとか、、、

 

1番びっくりしたのがWHO世界保健機関危険薬物リストから外れたということですね。

 

日本では大麻が悪とされているけど世界的に大麻のことをみてみると、なんか大麻の有用性が認められつつあることがわかったんです。

 

僕の常識では大麻は悪いものでしたから

カルチャーショックというか驚きの連続でした

 

 

今世界中で大麻は医療の他にも、経済界でも注目されているらしく

投資家たちの関心のランキングではAI、セキュリティーに続いて第3位に入るらしいです。

大麻産業の成長スピードは昔のインターネット並みで、アメリカの有名人が大麻ショップを出すくらい。

 

大麻産業の成長性を、かつてのゴールドラッシュという言葉になぞらえて、グリーンラッシュと呼ぶそうです。

 

 

そんな大麻の成分の中で今最も注目されているのがCBD.

 

CBDをとると、大麻のいいところを取り入れられる、しかし精神作用が全くない。

 

しかも日本でも合法、、、

私も試してみました

 

CBDはオイルを経口摂取するか気化したものをVAPEというもので吸うのが一般的ですが私はどちらも試しました。

 

VAPEで吸うとなんだがリラックスしてきます。落ち着く感じです。

体中の血液がすーーーっとなる感じでした

お酒を飲んでいたのもあるかもしれませんが

即効性を感じました。

 

 

そんなCBD、日本人はまだまだ知らない人が多いです。

私はCBDについて知っているか知り合いにアンケートをとりましたが知ってる人は約1割程度になりました、もっと少ないかも。

 

流行りに敏感な方

美容に気を使われている方

大麻ビジネスに興味がある方

は知っている人が多かったです。

 

お金持ちほどCBDのことについて詳しかったです。なんだろう、情報が早いからお金持ちなのかお金持ちだからそういう情報が回ってくるのか、、、

 

 

www.dreamkady.com

 

 

今回の大麻の件で僕は自分の常識が180度変わる経験を2回しました。

人の常識っていうのはさほど常識ではないのかもしれないなぁと思ったのが正直なところです。

 

今のおじいちゃんおばあちゃんが若い頃に今のようなスマホを持つのが当たり前、VRやAIが世の中に出回ってる社会を想像してみて?

って言っても多分無理なんです。

おじいちゃんおばあちゃんにとって想像すらできなかった未来を実際に生きているのが我々なんです。

時代の流れは加速していきます。

古い常識のまま「今」を生きることはできないのかなと思いました。、

 

 

ダーウィンは言いました

強いものが生き残るのではなく、変化に対応できるものが生き残るんだと

 

 

柔軟な考え方で物事をとらえたい。そんな思考ができるといいなぁと思います

 

 

www.dreamkady.com

www.dreamkady.com

 

 

 

仕事にやる気が出ない?学習性無力感では?

学習性無力感という言葉をご存知でしょうか?

仕事に対してやる気が起きない方

 


そのやる気の無さは、もしかしたらこの学習性無力感から来ているのかもしれません。

 

 

www.dreamkady.com

 

 

 

 


学習性無力感は1967年ペンシルバニア大学のマーティンセリグマンが発表しました。

 


この人は心理学者で鬱病のことを研究してる時、偶然見つけたのがこの学習性無力感です。

 


学習性無力感とは、ざっくりわかりやすくいうと、長期間ストレスを回避できない環境にいるとそのストレスから逃げるための考えや行動すら取らなくなってしまう心理状態のことです。

 

 

 

 

 

 

この学習性無力感について犬を使った実験を紹介します。

 


犬A、犬B、犬Cの三匹を用意します。

 


Aにはなにもせず

 


B.Cには同じ強さの電気ショックを与えます。

 


Bにはその電気を止めるためのバーを用意し、触れると電気が止まるようになっています

 


Cにはバーを用意しましたが触れても電気は止まりません。

かわりにBが電気を止めるとCの電気も止まるようになっています。

 

 

 

するとAはなにもしていないので普段通り、Bも落ち込みましたがすぐに立ち直りました。

 


Cには強い鬱病と似たような症状が現れました。

 

 

 

 


次にこの三匹の犬を二つの部屋がある箱にそれぞれ一匹ずつ入れました。

 

 

 

部屋同士は仕切られていますが、簡単に行き来できるようになっていて犬を最初に入れた部屋には電気が流れるようになっていて、もう一つの部屋には電気が流れません。

 


ABCの犬を最初の部屋に入れ、電気を流しました。

 


するとABの犬は仕切りを乗り越えて電気の流れていない部屋に移動しましたがCだけは電気の流れる部屋でうずくまり悲鳴をあげ動かず電気に耐えるだけでした。

 


これが学習性無力感です。

 

 

 

最初の実験で、BとCで与えている電気の大きさと長さは同じです。また、BとCの違いは自分で電気を止めることができるかできないかの差でしかありません。

 


つまり最初の実験でCは「何をやっても無駄だ」という無力感を学習してしまったのです。

 


そのため後の実験で何か行動を起こすということすら無力感からやめてしまったのです。

 

 

 

その後ABの犬が電流の流れない部屋に移動しているのを見せてもCは動こうとしませんでした。それだけ無力感の学習というのは強烈であるということを意味しています。

 

 

 

Cの犬を実験者が持ち上げて電気の流れない部屋に移動させるということを何度かするとやっと自分から電気の流れない部屋に移動することができるようになりました。

 


この実験はほかの生物でも行われ同じ結果が得られました。

 


人間にも似たような実験が行われましたが、ストレスをコントロールできないグループの健康状態と死亡率にも影響が出たそうです。

 

 

 

 

 

 

どうでしょうこの実験結果。

恐ろしくないですか?

与えられているストレスが同じでも、自分でそのストレスを自分でコントロールできない状況にあると、そのストレスを回避する努力すらしなくなってしまう。

 


これ人間に当てはめてみると納得がいく部分があります

 

 

 

わかりやすい例でいうとブラック企業で死ぬほど働く人が転職する努力をしないとか

 


DVを受けている人がそのDVをする人から逃れようとしないとか

 

 

 

当てはまってますよね。

 

 

 

これは私の個人的な見解になってしまいますがお話しします。

社会に対する疑問になってしまいますが

 


今日本では社会人になってから定年まで働くのが当たり前の社会になっています。

 


確かに人が大人になってから定年するまで働いてくれた方が社会のためになります。

 


しかしこれは本当に当たり前のことなのでしょうか?これが当たり前だと誰が決めたのでしょうか?そういう教育を受けてきたのでしょうか?

 


「社会人になってから定年まで働くのが当たり前なんだ」

 


これが当たり前と思い込んでしまって、そこから抜け出す努力をしない。

日本人全体が学習性無力感になってしまっているのではないでしょうか?

 


あなたがもし

「やりたいことして生きたい」

「経済的に自由になりたい」

「今の仕事をしたくない」

 


ということを考えたことがあったとして。

あなたがやらなければいけないと「思っていること」を不本意ながらにやらされていて。

 


やりたいことをやり、経済的に自由になりたり、今の仕事をやめるため努力をしたことがないとすればあなたはほぼ間違いなく学習性無力感にさいなまれていることになります。

 

 

 

本当の意味で自由になった自分をイメージしてみてください。

本当にやりたいことだけをやっている自分を想像してみてください。

自分の夢を達成している自分を想像してみてください。

 


そしてその想像から現実に戻ってください。

あなたは今どう思ったでしょう?

 


こんなこと自分にできるわけない

こんなこと考えても無駄だ

社会の仕組みがそうさせない

 

 

 

こう考えた方は学習性無力感に自分の可能性を押さえつけられています。

 


無意識のうちに「こんなことはできないんだ」という無力感を植え付けられています。

 

 

 

人は圧倒的可能性の塊です。

あなたの想像したことは常識では考えられないとあなたが思っていてもその常識はさほど常識ではありません。

 


常識とは人が人が18歳になるまでに集めた偏見のコレクションだという言葉があります

 


本当にその通りだなぁと感心してます

 

 

 

 

 

www.dreamkady.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ノニ】歳をなるべく取りたくない人は読んでみてください【ノニを食べれば野菜いらず?】

タヒチアンノニジュースって知ってますか?

 

その名の通りタヒチになっている、ノニという果物のジュースです。

 

ノニというのは1年中実がなります。また葉や種、すべてのものを食用に使うことができ、葉はお茶などにして、種はオイルなどで使うことができます。

 

ノニは「これほんと?」って思ってしまいます。

まずノニには275種類以上の成分が含まれています。

ノニジュース飲んでれば安心って言われる理由がわかりますよね、ホールフード、つまりノニ栄養素が取れちゃうってことです。

 

ノニには人間の体に必要な必須アミノ酸9種類がすべて入っているのもすごいところ

普通必須アミノ酸全部が入ってる植物なんてありませんから、このことをお医者さんに話すと

「それほんと?」と言われてしまうそうです

 

これだけでもすごいですが一番やばいのは19種類ものイリドイドが含まれていることです。

このイリドイドが体の糖化を防ぎます。

 

糖化というのは簡単に言うとタンパク質と炭水化物が熱を持った時に合体して老化や病気の原因となるAGEという物質が体の中で増えた状態です。

 

体が糖化すると健康を害され、老化が進み体の様々なところに支障が出るってことです。

 

しかしイリドイドはそのAGEを減らして糖化を防いでくれるのです。

この働きをするのはイリドイドだけです。

 

イリドイドを含む食品はブルーベリー、クランベリー、オリーブなどがありますがやはり一番イリドイドが多いのはノニなんですね

 

基本的にノニジュースは病気、怪我いろんなものに活用できます花粉症の人が薬を飲まなくてすむようになったという話もあります(僕の母のことです)

 

 

僕の体験談としては、夏の暑い日半ズボンでバイクに乗ってしまった時、ふくらはぎのあたりをマフラーで火傷してしまったんです。

 

かなり痛くて、傷口は結構ジュクジュクしているような感じになってしまって、軟膏をつけて数日放置してたんですけど、全然治らなくてどうしようと思っていたところ、母から「ノニジュースをつければすぐ治るよ」と言われました。

 

ジュースで火傷が治るんかいと思いながら半信半疑でコットンにノニジュースを浸し、それを傷口に貼ってラップで固定しました。

 

すると次の日にはもう見た感じで良くなっているのがわかったんですね。

これはすごいかもしれないと3日くらい続けてたらかなり綺麗になってました。

 

あれが私の体験談ですね、普段愛用して飲んでるのですがまだ若いので血圧の数値が良くなった!とか健康診断の結果が良かった!

みたいなのは正直ないです(もともと数値がいいからね笑)

 

やっぱり体悪い人は体感が出やすいです

 

 

好きで好きで仕方なかった【新宿ホスト殺人未遂】

久しぶりに衝撃的なニュースでしたね。

ニュースの概要です。

簡単にいうと21歳の女性(容疑者)が

20代から30代くらいの男性を刺した殺人未遂です。

この女性が男性のことを「好きで好きで仕方なかった」「相手を殺して自分も死ぬつもりだった」と供述しているそうです。

 

ちまたではヤンデレと言われてしまうそうです。

 

でも好きで好きで仕方なかったから刺すってなんかちょっとわかるような気もします。

 

気持ちだけですけど、実際にはやらんと思いますけど、気持ちはわかります。

 

その人にとってその男性が全てだったのかなぁって思います。

 

でもほんとに刺しちゃうのは相手のことを全く考えられてないって判断されてもしょうがないですね

 

よくニュース調べてないんだけど、相手の男性はホスト?だったみたいなのを見たんだけどどうなんだろう。

 

やっぱ水商売って見ず知らずの人相手にする職業だからそういう怖いことをする人を客として接客しなきゃいけないというリスクは孕んでますよね。

 

僕の友達でガールズバーで働いてる女の子がいるんですけど、非通知からの電話がすごいらしいです。

どうやって対応すればいいんですかね非通知電話って。

 

なんで好きで好きで仕方なくなってしまうのか

病みやすい子って依存しやすいっていえるとおもうんです、

多分今回のこの件も男性に依存したからこういう事件がおこったのかなって

 

病みやすい子って父親役、母親役、恋人役、カウンセラー役、その他諸々をぜーーーんぶ1人の人にお任せするからその人が抱えきれなくなった時

「もうこの世に味方はいない!!」ってなって病むんだと思います。

 

そういう人に共通してるのは

自分が所属しているグループが一つしかなくて

一つのグループでなにかトラブルがあったときに居場所がなくなる

 

例えば家庭、職場、趣味、友人のグループを持ってる人で、趣味のグループで何かトラブルがあったとしたら他のグループの人に趣味のグループで起こったことを話したりすることができると思うんです。

 

でも一つのグループしか持ってない人はそれを自分の中で溜め込んだり誰にも話したりすることができなくなると思うんです。

 

やっぱりそれってしんどいですよね。

 

一途すぎると少し生きるのには苦労するのかもしれませんね。

 

真面目な人より少し真面目な方が生きやすいしと思うんですよこの世の中。

 

 

 

「そんなに真面目に生きなくていいんだよ

もうちょっと楽に生きようよ!」

 

そういうことが言える人になりたいです。

 

 

 

 

ゲイについては「男好きフェチ」くらいに思っておけばいい

トランスジェンダーってあるじゃないですか

 

性自認と身体的な性が一致してない人たちのことを言うんだと思いますけど(ググったけどトランスジェンダーの定義が難しくて)

 

日本って結構トランスジェンダーに対して偏見が大きいと思うんですよね。

 

マツコとかがテレビで活躍してますけど、あの光景は海外では考えられないそうですよ。

 

テレビではいわゆるマツコとかはるな愛とかトランスジェンダーが活躍する中で、実際の日本人はあんまりトランスジェンダーに対して理解があるように思えません

 

多分電車の車両1車両に1人くらいはトランスジェンダーの方がいると思います。それくらいほんとに多い。

 

僕はトランスジェンダーに対してすごい偏見を持ってました。

10代の頃の僕は自分とちがうものを否定しがちなガキですから。今は違います。

 

トランスジェンダーに偏見は全くないです。

 

今私はトランスジェンダーについてフェチの違いくらいにとらえています。

 

どういうことかというと、僕は結構身長高い女性が好きなんです。自分は166センチくらいしかないんですけど、自分より身長高い人でもいいです。

私は身長高い女性が好きですけど。中には自分より身長の高い女性は受け付けないよ

っていう男性もいると思います。

 

世の男性には女性は胸が大きくないと性的対象にならないっていう人もいますが、私はそうでもありません。

 

僕の友人には

「100キロoverのデブじゃないと興奮しない」っていう人がいます。僕は100キロ越えの女性はちょっと無理かなって思ってしまいます。

 

でも友人は100キロ越えの女性じゃないと興奮しないんです。

 

これって全部フェチの違いですよね。

 

このような感じで

「俺は男性じゃないと興奮しない」

って言われてもあんまり違和感なくないですか?

 

要はゲイとかレズとかの性対象の違いっていうのは全て

【フェチの違い】

で片付けられると思います。

それについて偏見を持つ必要はないですよね

【心が豊かに?】托鉢ってなんだ?

皆さん托鉢ってご存知ですか??

 

托鉢(たくはつ)とは?
 

傘をかぶってお金を求めているお坊さんです

 

よく街に行くといますよね?こんな感じの人です

 

f:id:mmzejz219:20190418232358j:image

 

ずっと立っていますよね、僕はちいさいころこの人たちが怖かったです笑

 

托鉢には、集団で自派の檀家の家々(近隣に限らない)を訪問する形態(門付け、かどづけ)と、個人で寺院の門前や往来の激しい交差点など公道で直立して移動せずに喜捨を乞う形態(辻立ち、つじだち)があるそうです ある僧侶が師にこう言ったそうです

 

僧侶「托鉢のお金が先輩のように貰えません」

 

師「どの家にまわっているのだ」

 

僧侶「少しでも裕福な家をまわっています」

 

師「ばかもの、それは托鉢ではない、貧しい家からお金をもらってきなさい」

 

僧侶「師匠なんでですか?貧しい家からお金を奪うなんて私にできません」

 

師「何を言っているんだ!いいかお前がお腹が空いているから托鉢を やっているのではない、貧しい人を救うためにやっているのだ いいか貧しい人間は出さないから貧しいのだ だから誰かのために差し出すという行為をさせてあげなければ救うことが できない、だからお前は托鉢にでるのだ 乞食と托鉢は違う、乞食がやっているのは自分がお腹が空いたからくださいというふうに 恵まれている人からお金をいただくことだ! だからお前は乞食だ 托鉢は違う、貧しい人からお金を出させてあげるのだ そのことによってお前がお腹がいっぱいになるのではない 貧しい方が豊かになるのだ」

 

どうですか?この考え方、

貧しい人の心を豊かにしてあげるために

貧しい人からお金をとって差し上げる

 

 

 

 

お賽銭も托鉢に似た考え方

神社とかのお賽銭も似たような考え方です。

お賽銭箱はあれ欲を捨てるための箱なんです。

 

自分の財布からお金を捨てているんですあれは

よくご縁があるようにということで5円玉を出したりする人がいます、願掛けとしてはあれもいいとは思います。

 

しかし本来はお金を捨てる行為です。

1番いい方法は財布の中の小銭入れからお金を見ずにとって、賽銭箱に入れてしまう。

 

これが本来のお賽銭に近いのでは無いでしょうか?

この方法はテレビで紹介されていましたがなるほどなぁと思いました。

 

 

どちらも自分の欲を捨てる行為ですよね

これにはどんな考え方があるか、私なりに考えてみたところ一つの結論に行き着きました。

 

それは今あるものに感謝をして

今あるもので幸福になる道を探す。

 

こういうことではないでしょうか?

人間は弱いですから際限なく欲があります。

それを托鉢やお賽銭などで捨てることで

今あるもので豊かに、幸福に生きる道を探す。

 

これが人生の修行ではないでしょうか?

 

日本人が何もかもに無関心な理由

無関心は世界を日本を滅ぼす

過激なタイトルで申し訳ありません。

あまりにも自分の周りに何事にも無関心な人が多すぎてつい記事のタイトルが過激になってしまいました。

 

無関心は世界を日本を滅ぼすとは一体どういうことか、説明していきたいと思います。

 

 

今みなさんはどんなことに興味があるでしょうか?

趣味?食事?異性?

みんなさまざまな価値観の中で興味のあるものないものってありますよね?

 

今はスマホでいろんなことが調べられる時代になりましたから便利な時代ですね。

 

みなさん結構自分の興味のあることは調べたり勉強することができるんですよねー

 

ここからが本題です。

 

 

わからないことわからないままにしていない?

 

自分の興味があってわからないことはみんな勝手に調べたりするからいいんです。

 

 

 

しかし興味がないがわからないこと

これをわからないままにしたまま生きていく

これが非常に問題です。

たしかに興味のないことを調べるのは苦痛かもしれません、だって興味がないのだから調べても楽しくない

 

しかし、興味のないことを全てそのままにしておくと、興味のないことについては全くの無知である自分が生まれてしまいます。

 

自分の好きなものだけを吸収してその道のプロになっていく。なるほどそれも突き抜ければ面白いかもしれません。

 

興味のないことを無関心でわからないままにしておくとちょっとこわいことが起きてきます。

 

 

人のいるほうが正義

 

たとえ話です

ある物事において

正しい考え方を持った少数派のグループと

間違った考え方を持った多数派のグループがあったとします。

 

日本は民主主義です。

多数決で多い方が正義なのです。多数派の人たちが間違っていても。

 

どんなに少数派が正しいことを言っていても、少数であれば何も変わりません。

 

また多数派が間違えたことを長年言っているとそれは「常識」になってきます

 

 

「これはこういうものなんだ」

そう言ったような常識が出来上がってくるのです。

 

こうなってくると少数派の正しいことを言っている方はどんなに声を上げて正しさを主張しても多数派には響きません。

 

「常識」と外れたことを少数派が言っているからです。

 

少数派は「この人たちおかしい」

と多数派に思われてしまいます。

 

調べることで関心を持って調べれば世界は変わる

 

では正しいことを言っている少数派はどうすれば正しいことを正しいと言えるのでしょうか?

 

それは多数派に「少数派の言っていることは正しいのかもしれない」

 

と思われるように発信を続けていかなければいけません。

 

 

すると多数派の中からこの「常識」は正しいのか調べる人が出てきます。

 

その「常識」は間違っていますから多数派の中から「常識」を疑う人出てきて議論が起こりやがて間違いは正されていく。

 

どんなことにも関心を持って調べなければ

事実にはたどり着かないのです