she diary

現役船乗りがおくる、みんなを笑顔にするブログ

【心が豊かに?】托鉢ってなんだ?

皆さん托鉢ってご存知ですか??

 

托鉢(たくはつ)とは?
 

傘をかぶってお金を求めているお坊さんです

 

よく街に行くといますよね?こんな感じの人です

 

f:id:mmzejz219:20190418232358j:image

 

ずっと立っていますよね、僕はちいさいころこの人たちが怖かったです笑

 

托鉢には、集団で自派の檀家の家々(近隣に限らない)を訪問する形態(門付け、かどづけ)と、個人で寺院の門前や往来の激しい交差点など公道で直立して移動せずに喜捨を乞う形態(辻立ち、つじだち)があるそうです ある僧侶が師にこう言ったそうです

 

僧侶「托鉢のお金が先輩のように貰えません」

 

師「どの家にまわっているのだ」

 

僧侶「少しでも裕福な家をまわっています」

 

師「ばかもの、それは托鉢ではない、貧しい家からお金をもらってきなさい」

 

僧侶「師匠なんでですか?貧しい家からお金を奪うなんて私にできません」

 

師「何を言っているんだ!いいかお前がお腹が空いているから托鉢を やっているのではない、貧しい人を救うためにやっているのだ いいか貧しい人間は出さないから貧しいのだ だから誰かのために差し出すという行為をさせてあげなければ救うことが できない、だからお前は托鉢にでるのだ 乞食と托鉢は違う、乞食がやっているのは自分がお腹が空いたからくださいというふうに 恵まれている人からお金をいただくことだ! だからお前は乞食だ 托鉢は違う、貧しい人からお金を出させてあげるのだ そのことによってお前がお腹がいっぱいになるのではない 貧しい方が豊かになるのだ」

 

どうですか?この考え方、

貧しい人の心を豊かにしてあげるために

貧しい人からお金をとって差し上げる

 

 

 

 

お賽銭も托鉢に似た考え方

神社とかのお賽銭も似たような考え方です。

お賽銭箱はあれ欲を捨てるための箱なんです。

 

自分の財布からお金を捨てているんですあれは

よくご縁があるようにということで5円玉を出したりする人がいます、願掛けとしてはあれもいいとは思います。

 

しかし本来はお金を捨てる行為です。

1番いい方法は財布の中の小銭入れからお金を見ずにとって、賽銭箱に入れてしまう。

 

これが本来のお賽銭に近いのでは無いでしょうか?

この方法はテレビで紹介されていましたがなるほどなぁと思いました。

 

 

どちらも自分の欲を捨てる行為ですよね

これにはどんな考え方があるか、私なりに考えてみたところ一つの結論に行き着きました。

 

それは今あるものに感謝をして

今あるもので幸福になる道を探す。

 

こういうことではないでしょうか?

人間は弱いですから際限なく欲があります。

それを托鉢やお賽銭などで捨てることで

今あるもので豊かに、幸福に生きる道を探す。

 

これが人生の修行ではないでしょうか?

 

無関心は世界を日本を滅ぼす

無関心は世界を日本を滅ぼす

過激なタイトルで申し訳ありません。

あまりにも自分の周りに何事にも無関心な人が多すぎてつい記事のタイトルが過激になってしまいました。

 

無関心は世界を日本を滅ぼすとは一体どういうことか、説明していきたいと思います。

 

 

今みなさんはどんなことに興味があるでしょうか?

趣味?食事?異性?

みんなさまざまな価値観の中で興味のあるものないものってありますよね?

 

今はスマホでいろんなことが調べられる時代になりましたから便利な時代ですね。

 

みなさん結構自分の興味のあることは調べたり勉強することができるんですよねー

 

ここからが本題です。

 

 

わからないことわからないままにしていない?

 

自分の興味があってわからないことはみんな勝手に調べたりするからいいんです。

 

 

 

しかし興味がないがわからないこと

これをわからないままにしたまま生きていく

これが非常に問題です。

たしかに興味のないことを調べるのは苦痛かもしれません、だって興味がないのだから調べても楽しくない

 

しかし、興味のないことを全てそのままにしておくと、興味のないことについては全くの無知である自分が生まれてしまいます。

 

自分の好きなものだけを吸収してその道のプロになっていく。なるほどそれも突き抜ければ面白いかもしれません。

 

興味のないことを無関心でわからないままにしておくとちょっとこわいことが起きてきます。

 

 

人のいるほうが正義

 

たとえ話です

ある物事において

正しい考え方を持った少数派のグループと

間違った考え方を持った多数派のグループがあったとします。

 

日本は民主主義です。

多数決で多い方が正義なのです。多数派の人たちが間違っていても。

 

どんなに少数派が正しいことを言っていても、少数であれば何も変わりません。

 

また多数派が間違えたことを長年言っているとそれは「常識」になってきます

 

 

「これはこういうものなんだ」

そう言ったような常識が出来上がってくるのです。

 

こうなってくると少数派の正しいことを言っている方はどんなに声を上げて正しさを主張しても多数派には響きません。

 

「常識」と外れたことを少数派が言っているからです。

 

少数派は「この人たちおかしい」

と多数派に思われてしまいます。

 

調べることで関心を持って調べれば世界は変わる

 

では正しいことを言っている少数派はどうすれば正しいことを正しいと言えるのでしょうか?

 

それは多数派に「少数派の言っていることは正しいのかもしれない」

 

と思われるように発信を続けていかなければいけません。

 

 

すると多数派の中からこの「常識」は正しいのか調べる人が出てきます。

 

その「常識」は間違っていますから多数派の中から「常識」を疑う人出てきて議論が起こりやがて間違いは正されていく。

 

どんなことにも関心を持って調べなければ

事実にはたどり着かないのです

 

【新解釈】誰でもプロになれる1万時間の法則

みなさんは今どんなことに興味がありますか?

あなたの趣味はなんですか!?

 

1万時間でプロになれる

僕は今スケートボードを始めたばかりでめちゃくちゃハマっています。

スケボに乗れば時間を忘れて打ち込んでいます。

これは僕の趣味です。スケートボードを3万円で買って、1回400円で一日中滑り放題のパークに行って楽しんでいます。

 

要はお金を払ってスケボーという趣味をやっているということです。

 

しかし想像してみてください。

僕が今はまっているスケボー、

1日6時間、それを5年僕が続けたとしたら

僕はどうなっていると思いますか?

 

多分僕はスケボープロ級の腕前になってますよね?笑

 

  • 1日9時間で3年
  • 1日6時間で5年
  • 1日3時間で10年

 

 

これ計算してみるとだいたい一万時間です。

上に書いてある時間と年数で一つのことをやるとプロ級になれるっていうのはだいたい想像つくのではないでしょうか?

 

一つの分野を1万時間やり続けるとプロ級の腕前になれる

 

これを一万時間の法則というらしいです。

 

 

興味のあることを仕事にしてしまおう

 

もしあなたが本気でやりたいことがあるならばいっそそれを仕事にしちゃいましょう。

 

例えばいろんな種類のお酒が好きならバーにでも就職しちゃいましょう。(僕もお酒大好きです)

 

バーに就職してしまえばお金をもらいながら仕事はずっとお酒に携わることができます。

 

バーにはお酒がたくさんありますし珍しいお酒を飲む機会も普通の職種よりあるでしょう

 

またお酒に詳しい人が集まる場所でもあり、知識が増えるはずです。

 

お酒について興味がある人にとってこれほどいい環境はありませんよね?

 

 

当然飽きることもある飽きたらやめればいい

 

どんなに興味がある分野でも飽きがくることはありますよね。

 

 

 

当然一つのことを本気で

それも仕事としてやったいたらしんどいこともあると思います。

 

 

一つのことを本気でやってきらいになるまでやるより。

 

他に興味のあることを見つけて、またそっちをやる方が僕はいいと思います。

 

理由は2つあって

 

他のことをやることでまたやりたくなる時が必ず来ると思うんです。

その時また少しずつ再開した方が楽しいという考えです。

 

私は高校球児でしたが、当時野球やめたくて仕方なかったです笑

 

多分毎日練習があったからだと思います。

飽きてたんだと思います。

 

でも社会人になって野球から離れた今、

すごく野球がやりたいなという気持ちになっています。

 

 

もう一つは単純に他の事を極めにいったほうが自分の事価値が上がるからという考え方です。

 

堀江貴文さんは著書でこのように述べています。

 

 

会社員として 、これまで営業の仕事を 1万時間やってきた 。経理の仕事を 1万時間やってきた 。こういう人は 、すでに 「 1 0 0人に 1人 」の人材になっている 。しかし 、このままでは 「ただの人 」だ 。ここで 、違う肩書きに着替えることで 、あなたの価値は 「 1 0 0人に 1人 」から 「 1 0 0万人に 1人 」まで高められるのだ。

                                       堀江貴文「多動力」より引用

 

多動力 (NewsPicks Book) (幻冬舎文庫)

多動力 (NewsPicks Book) (幻冬舎文庫)

 
マンガで身につく 多動力 (NewsPicks Comic)

マンガで身につく 多動力 (NewsPicks Comic)

 

 

 

 

一つの事を極めるより色々なものをやって

自分の価値を高めていったほうが面白い仕事が舞い込んでくるはずです!

【人生の時間をメンヘラに捧げるか否か】

f:id:mmzejz219:20190409235632j:image

はじめに

この記事は誰に向けて書くか

それは他でもなく読んでくださっている

あなたに向けて書きます。

 

このタイトルを見て、記事を読んでくださっているということは。束縛が激しかったり、自分を愛して欲しい欲求が強い人との関わり合いの中で悩んでることとお見受けします。

 

私はメンヘラという言葉が嫌いですが

続きを読む

【メンヘラはなぜメンヘラになるのか?】

f:id:mmzejz219:20190410001343j:image

まずはじめに

私は「メンヘラ」という言葉自体が好きではありません。

「メンヘラ」という言葉はメンタルヘルスが語源ですが。「メンヘラ」という言葉自体にある種の差別的意味合いが含まれているような気がするのです。

 

続きを読む

【それでもデート、ドタキャンされたら】逆にチャンス!!!

f:id:mmzejz219:20190410001132j:image

最強のデートの誘い方をしてもどーーーーしても断られてしまうことはあります

正直仕方がない!

でもそんなブルーな状態を圧倒的チャンスに変える方法があります

 以前、最強のデートの誘い方について書きました、まだみてない人は↓からどうぞ

www.dreamkady.com

続きを読む

【驚くほど好かれる】恋愛心理テクニック

f:id:mmzejz219:20190410000246j:image

【好きな人に好きになってもらいたい】

誰もが一度は思ったことあるのではないでしょうか?

 片思いってしんどいし、絶対両思いになりたいですよね?

 おめでとうございます

 今日この記事を読むみなさんは好きな人との距離がググッと近づきました。

 

続きを読む